会員登録(登録無料)

入力いただいたメールアドレスに、会員登録の案内メールを送信します。

新規登録情報入力

メールアドレス(ユーザーID)

パスワード(半角英数字8文字以上)

利用規約プライバシーポリシーをご確認ください

※ご入力いただいた情報は、暗号化して送信されます

または
他のアカウントで登録

gBizIDとは外部リンクはこちら

パスワードリセット

閉じる

パスワード変更用のURLをお送りいたしますので、ご登録いただいたメールアドレスを入力してください。
※GビズIDやSNSアカウントをお使いの場合は、各々のサービスでパスワードを変更ください。

メールアドレス入力

サービス業の海外展開(進出形態)

海外展開
お気に入りに追加
海外展開

海外展開 早わかりガイド

海外展開を始めるための基本情報が満載!

サービス業の海外展開(進出形態)

サービス業における進出形態としては、「現地法人・独資」「現地法人・合弁」があります。

現地法人・独資

自社の出資のみで会社を設立する完全子会社。
国や事業内容によっては、外資100%の企業設立が認められないこともある。

メリット
  • 自社の裁量で会社経営ができる
  • 利益配分の必要がない
  • 海外進出において、失敗する原因の一つである、合弁相手との紛争を避けることができる
デメリット
  • 合弁と比較して負担する投資額が大きく、リスクが大きくなる
  • 不慣れな土地での政府機関との折衝や販売網の構築を独自に行う必要がある

現地法人・合弁

進出先国の企業と共同出資を行って設立する会社。
信頼できるパートナー探しが成功の鍵となる。
国や事業内容によっては、外資の出資比率が制限されていることもある。
また、出資比率も目的に応じて検討する必要がある(参考 2/3以上=株主総会における特別決議、過半数=事業の主導権、1/3以上半数未満=株主総会における拒否権、マイナー出資=情報収集、ノウハウ獲得等。ただし国によって要件が異なることもある)

メリット
  • 合弁相手と分担することにより、投資額とリスクを軽減できる
  • 合弁相手の政治力、販売力や設備、ノウハウを活用した経営ができる
デメリット
  • 合弁相手の選択が難しく、新興国では資金力などの点で信頼に足る相手が少ないなどの難点がある
  • 会社経営方針や配当方針を巡る紛争も考えられ、解散・撤退の際にトラブルになることもある

「さまざまな海外展開方法(サービス業の海外展開)」Topに戻る

関連キーワード