会員登録(登録無料)

入力いただいたメールアドレスに、会員登録の案内メールを送信します。

新規登録情報入力

メールアドレス(ユーザーID)

パスワード(半角英数字8文字以上)

利用規約プライバシーポリシーをご確認ください

※ご入力いただいた情報は、暗号化して送信されます

または
他のアカウントで登録

gBizIDとは外部リンクはこちら

パスワードリセット

閉じる

パスワード変更用のURLをお送りいたしますので、ご登録いただいたメールアドレスを入力してください。
※GビズIDやSNSアカウントをお使いの場合は、各々のサービスでパスワードを変更ください。

メールアドレス入力

台風第10号が来る前に早めに対策を!

  • 2020年09月03日
  • 相談・情報提供
  • 最終更新日:2020年09月05日
 
(稲垣)

 

事業者のみなさま

 

気象庁によれば、強い台風第10号は、9月4日(金)には“非常に強い”勢力、9月5日(土)には“猛烈な”勢力になりそうです。この“猛烈な”勢力というのは、台風の勢力の中で一番強いのです。例えば、強風によりトラックが横転、植木鉢ごと飛んでしまったり、ゴムのスリッパですら、一般的な窓ガラス(厚さ約3mm)を軽々と貫通してしまいます。

 

台風が接近する地域では、記録的な大雨・暴風・高波・高潮となるおそれがあり最大級の警戒が必要です。強風に備え、看板や器材など、風で飛ばされる物(部材・工具等)がないか点検し、台風接近前に建物内に収納しましょう。収納が不可能な物は、飛ばされないように丈夫なロープ等で固定しましょう9月4日(金)までに台風への備えを終わらせるようお願いいたします。

 

九州・四国・中国地方などでは、停電リスクも高まる見込みです。予め車のガソリンや非常用発電機の燃料を満タンにして備えましょう。 ハイブリッド車や電気自動車などの電動車はいざという時、充電などで活用できます。

詳しくはこちらから。

【災害時における電動車の活用促進マニュアル】

https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200710006/20200710006-1.pdf

https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/xev_saigai.html

 

台風10号に備え、5つのポイントを整理しましたので、ご覧ください。